フィリピン 運び屋稼業 在比邦人にとって無くてはならない存在

ども投稿38回目の親鶏です。

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ
にほんブログ村 ここから仮想通貨情報ブログが確認できます。

日本滞在時間19時間。いや無茶苦茶なスケジュールで日本に戻っておりました。実家でゆっくり過ごそうと思ったけど孫を連れて帰らなければ喜びも半減するだろうと諦めて。

それにしても急遽予定が入っての一時帰国だけに用事を済ませたら、もう何もできない。千葉の友人に連絡して一緒に晩飯食べたあとは、息子からお願いがあったヘッドセットを購入し時間終了。翌日は、運び屋さんと朝から市場で合流するため就寝。

img_0023

運び屋さんの朝は早い。市場でしいれた鮮魚をその日のうちにフィリピンへ運ぶ。このような注文は、殆どが日本食レストランからとのこと。カジノ系のホテルからの依頼で松茸や雲丹、マグロ大トロなどの高級食材も運ぶらしい。高級レストランの金額がそれなりなのは理由があるんですね。

img_8378

仕分け作業。注文先毎に箱詰めし、氷を敷き詰める。この作業、職人技です。親鶏、何をしていいのか全くわからず横で眠たい目をこすりながら、ぼぉーっと 眺めておりました。

img_8375

2トントラック?には出来上がった荷物が次々と積み込まれます。運ぶものは鮮魚とか限らず、個人に頼まれた物や企業からの急ぎの荷物なども引き受けるようで、前日には既に500キロ近い荷物をつくりあげていました。ただただ飛行機にのるだけじゃないんですね。

img_8444

全ての荷造りを終えて。ほんとに時間との勝負。チェックインの時間は決まっているので、市場での作業は黙々と。一息つくまもなく高速道路を飛ばして空港へ。この作業2人で行っているんです。

荷物の数は合計25個。1個32キロなので合計800キロ

img_0987-1

作業をみてるだけでも疲れてしまうものなんですね。気がついたらマニラ上空。この時、頭に過ぎったのは、なぜ市場で何も買わなかったのか。恐らく目の前で繰り広げられる非日常的な出来事に圧倒されたからでしょうね。完全に思考回路がとまっていました。

img_8447

空港につくと驚き。4台の貨物車が運び屋さんを待ち構えていた。注文されたレストランの車でしょうか。鮮魚が入った発泡スチロールの箱がどんどんと振り分けられている。写真からは伝わりにくいですが凄い光景でした(笑)

img_8396

空港でみかけた職員さん。「働いたら負け」。いや違うな。今回、同行させて頂いた運び屋さんをみて感じたこと。もし、この方々がいなければ、ここフィリピンで四季折々の旬な食材を手にする事ができない。また急ぎの荷物なども運んでくれるなど必要不可欠な存在ではないかと。フィリピンから、日本からどちらでも対応し、私も大事な荷物をなんども運んでいただき助かっています。

運び屋というだけで、どうしてもイメージを悪く持ってしまいがちですが、日本側、フィリピン側共に税関で申告を行っており、イメージアップを兼ねて今回はブログ記事にさせていただきました。今度、空港で大きな荷物を担いでいる人がいれば、是非ともお疲れ様と心の中で囁いてあげてください。縁の下の力持ち。感動の経験でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 フィリピン情報満載。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村 株を学ぼう。


フィリピン(海外生活・情報)ランキング フィリピン情報ブログ。

親鶏親子はmameCoinを応援しています!

息子がはじめて手にした仮想通貨。夢はマレーチャンで豆決済(笑)

mameCoin公式webサイト

lightmoonv

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。