ども親鶏です。

タイトルを海外生活としたが、この話は日本に住んでいても同じで田舎から都会に出てきた話しにも通じるかもしれない。とあるブログを読んで思いだしたことだが、海外(都会)に出ると、ふとした事で孤独感を味わう。

普段の生活では左程感じない寂しさも精神的なダメージを受けた日や、何の予定もない休日、クリスマスやニューイヤーなどの大きなイベントがあるとき、やつらが襲ってくる。

ホームシックなのだろうか?それとも夢見てきた場所(国)が、自分に合わなかったのだろうか?何かにつけてギャップを感じる。なんだかわからないモヤモヤが頭の中をグルグルとかけめぐり続ける。この無限ループに嵌ると抜け出せない。

中には力強く人生を楽しむ人もいるだろう。でも自分も含め、この胸の中からこみ上げる孤独感というのは人生の中で何度か経験するものだと思う。自分も無謀にもアメリカに渡った時に感じたことがある。当時は若さ故に日本に逃げ帰るという道を選んだ。でもその経験があったからこそ、フィリピンに永住し、日本に帰りたい病を発症しても何とか乗り越えることができたのだと思う。

渡米したのは1990年代。人種差別がまだ公然と行われていた時代。ダウンタウンなどを歩いていると黄色人種というだけで謂れなき罵声を浴びさせられることがあった。学校でも仲がいい友人もいたが上級生からはからかわれる。英語が喋れないという事もあったが、映画でみるアメリカンライフとはほど遠く現実を目のあたりにする。生活習慣や考え方も違うということを知り、地元が恋しくなった。まさにホームシック

県外で感じた孤独感

アメリカから戻り、県外で住み込みを経験した事がある。幼稚園からの幼馴染でお互い遠慮せず包み隠さず話す仲で一緒に上京。そんな長い付き合いの友人でも同じ職場になると普段の生活では言葉少なくなる。喧嘩などもなかったけど、やはり友人と一緒に仕事するのなら、お互い同じ夢を追いかけることが出来る、何かがなければ盛り上がりに欠け、すれ違いが生じる。

フィリピンで感じた孤独感

十数年前のフィリピン永住組は、夜のお店を紹介する人や何をしているかわからない怪しい人、リタイヤ組みといわれる人たちが殆どだった。今のように若い世代はおらず何かが違っていた。積極的にコミュニティーに参加するも、目的はなんな夜の店。夜の店が嫌いってわけではないけど、居酒屋での会話は女のヤリ自慢とフィリピンの悪口ばかり。それが毎度の事で付き合いに見切りをつけた。(当時の方々は誰一人フィリピンに居ない)

この時はフィリピン人の友人もおらず、会話する相手は嫁だけ。孤独というわけではなかったけど、何のために住んでいるのか理解できず苦しんだ。気晴らしはモールに出かけることくらい。この時期に嫁の日本語はかなり上達した(笑)

ブログで転機が訪れる

もう8年くらい前だけどヤフーブログを書いていたことがある。そこで知り合った日本人の方。少年サッカーチーム 誕生秘話で書かせていただいたコーチとの出会い。今までの日本人とは違っていた。魚卸で財を成し、フィリピンの酸いも甘いも嚙み分けた方。お互いの息子が同級だったこともあり一気に付き合いが深まった。

この出会いでフィリピンでの生活をどのように楽しむか。また何処で妥協すべきなのかなど多くのことを学び、フィリピンで住むという意味(目的)を得る

趣味を生かして輪を広げる

コーチとの出会いで積極的になったのか。趣味といえば家で飲むくらいの人生だったのが、テニスや釣りを通して、フィリピン人との輪が広がる。また息子が通う学校の親御さんとの付き合いも積極的に参加するようになり活動範囲が広がった。

共通の話題を語れる、同じ趣味をもつ友人というのは大きな存在。一緒にいても話題が絶えない。フィリピンに住んで良かったと思う瞬間でもある。

都会・海外生活を充実させる方法

気分が落ち込んでいるときは何をするにも億劫になる。特に人との付き合い。自分はこの苦悩から脱出するのに10年もの歳月を要した。だから言わせてほしい。

 ・趣味をみつける

 ・フィリピン人や外国人と積極的に接する

 ・日本人の付き合いに参加してみる

世の中にはいろんな人がいる。いろんなイベントに参加し気が合う人をみつけるのが知らない世界で楽しく生きる近道だと思う。また連絡が途絶えても一期一会を大事にし積極的に行動することで必ず自分に合った人が現れるはずです。

タガイタイで語学学校を経営している校長が主催している「和カティ」の集い。

会社経営者、現地で働く人、語学学校で英語を学ぶ人などの集まり。

集まるメンバーは20代からと若いが年齢など気にせず、出会いを繰り返すことで何かが見えてくるのではないかと思う。

最後に

この記事を書くにあたって参考にさせてもらったブログの紹介。

ブログ主でもある、おきピン!さんがフィリピンで経験したブログ記事。最初は男性の方だと思って読んでいたんけど女性の方だと知って驚いた。人生に失敗という言葉はありません。貴重な体験だし、その経験が何時の日か必ず役に立つ日が訪れます。自分がそうだったように。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 フィリピン情報満載。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。