Youtubeでも少しずつフィリピン不動産関連の動画をアップしていますので是非ご訪問ください。

親鶏の雄叫び → こちら

※写真は10年前雑誌 Property Finder

フィリピン不動産を探す際、皆さんはどのようにしていますか?最近ではSNSや販売サイトなどでも簡単に見つけられるようになって一昔に比べて随分と楽になりました。また日系不動産や現地ブローカー、友人知人からの口伝情報も有効な手段ですね。昔は雑誌や新聞を買い漁って隅から隅までよみつくす、なんだか思い出して懐かしく感じます(笑)

私も5物件所有していますが、最初の2物件はブローカーから購入しました。自分の行動範囲内でプレセールなどの情報をもとに購入し最初は喜んでいたのですが、いろいろと調べて行くうちに競売物件なるものを知りネットやブローカーの提示額と競売物件の価格に差があることに気づきました。もちろんプレセール価格は絶対的な安さはありますけど。凄く気に入った物件など既存で存在する不動産など対象とした場合の話しです。

メリット、デメリットは勿論あります。いざ気にいった物件を見に行くと誰かがすんでいたり、お化け屋敷かとおもうよな廃墟だったりといろいろ悩みの種は尽きません。また気にいった物件(コンドや地域)が競売に出ているかといえばそんな事はない。簡単にみつかるのか?と言われれば、答えはNOです(笑) これは根気よく待つしかありません。またA銀行にはなかったけどB銀行では扱っていたとかで情報を集めるのに一苦労します。相手の言い値で購入していたら、それこそ騙された感が出てきたり、いざ賃貸を始めても思ったような利回りがでなかったり。これはフィリピン問わず不動産投資につきまとうリスクですね。うまくいっている人と一体何が違うのか。それは相場より安く、しかも立地条件に満たされた物件誰よりも早くみつけることです。人に進められる物件というのは、それまでなのです。たまにオーナー自信が格安で売り飛ばすこともあるでしょうけどそんな出会いは極稀です。自分の時間を削ってみつけださなければなりません。

ということで、このブログでは自称フィリピン不動産投資家(笑)が、よくやる物件探しの方法を紹介をさせて頂きます。凄く簡単でスマホやPCで簡単に幅広く検索ができます。因みに紹介先のサイトで物件を購入されても私には1ペソも手に入りませんので、この情報が気にいりましたら、せめてlikeのひとつくらいおねがいします。

サイトはこちらからどうぞ

各銀行、住宅ローン会社の競売物件リストの入手が可能。

Asia United Bank
Bahay Financial Services, Inc.(BFS)
Pag-IBIG
EastWest Bank
Philippine Deposit Insurance Corporation (PDIC)
Banko Sentral ng Pilipinas (BSP)
Maybank
Banco de Oro(BDO)
Bank of Commerce
Government Service Insurance System (GSIS)
China Bank Savings

一例ですが様々な情報がアップデートされていきます。ホーム画面でコンドや地名、サブディジョン名などを入れて一括検索がおすすめ。

サイトはこちらからどうぞ

こちらは携帯電話番号でユーザー登録後利用可能です。スマホアプリもありプレセールから新築情報、各銀行の競売物件リスト、ゴルフ、リゾート会員権売買価格、賃貸物件などの最新情報を得れます。このサイトの良い所は、各グループ(鍵付きもあり)に参加することで更に詳しい情報が得れます。利用するにあたり操作で戸惑うこともあるかと思いますが、不動産情報はこれ一つのコンセプトを掲げているだけあって、興味深い内容もありお勧めします。

登録は海外から可能なのかわかりませんが、日本からだと「090-1234-5678」の番号であれば、+と国番号、最初の0を外し「+81-90-1234-5678」で試してみてください。問題なければ、ショートメールにて「Verify」確認メールが届きます。6桁の数字がありますので、その番号を入力するとユーザー登録完了となります。この手続きが難しいようであれば、恐らくこのサイトは使いこなせないので諦めてください(苦笑)

Sponsored Link

サイトはこちらからどうぞ

フィリピンの路線価を調べるのに重宝します。BIRからの情報となり固定資産税などで使われる情報となります。各エリアを選択しエクセルファイルをダウンロード。シート別に年代がわかれていて少し面倒ですが、こちらも興味深い情報源です。

フィリピン不動産投資について

最後にフィリピン不動産投資を行うにあたって、私も当初は大損をこきました。損切りとでもいうのでしょうか、家1棟、土地1区画を格安で手放しました。立地条件、周辺の価格帯、賃貸を考えているなら家賃相場、またその地域が将来どのような都市計画をしているのか、焦らず、良く調べ、良く考える必要があります。またフィリピンでは地方でも路上駐車の取り締まりが厳しくなってきています。コンド然り、戸建てでも駐車場があるかないかで、賃貸にしろ将来転売するにしろ差が出てくると思うので情報収集を怠らず、長期的戦略を立てて投資にはげんでください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。